格安SIM

eSIMが使える格安SIM「IIJmio」対応スマホ・PCならすぐ利用可能

eSIMが使える格安SIMは「IIJmio」対応スマホ・PCならすぐ利用可能

2018年以降に発売されたiPhoneは、物理的なSIMカードだけでなく「eSIM(イーシム)」にも対応しています。

2020年4月24日発売の新型「iPhone SE(第2世代)」も、eSIM対応です。

「eSIM」とは物理的なSIMカードではなく、必要な通信情報をオンライン上で書き込めるスマホに内蔵されたチップです。

 

日本では2019年から「IIJ(インターネットイニシアティブ)」がいち早く「eSIM」に対応した通信プランを発表しています。

eSIMとは一体何なのか?どんな時に利用するとお得か?料金が安くなるか?

・・・などなど、解説していきます。

 

iPhone、タブレット、PC上で「eSIM」を利用できるのは格安SIM会社は「IIJmio」のみになります。

2020年3月19日より「IIJmio」から、新プランがスタートしています。

eSIMの申込みは↓
IIJmioみおふぉん(eSIM)

 

 

eSIMとは?

「eSIM」は物理的なSIMカードではありません。

オンライン上で通信に必要な情報を書き込める内蔵された「eSIMチップ」のことです。

「eSIMチップ」を内蔵しているスマホ、タブレット、PCであれば、eSIMプラン対応の通信会社と契約すれば、すぐに通信を始めることができます。

 

これまでの用に物理的なSIMカードを差し替える必要がありません、

契約後にオンライン上で通信に必要な情報(プロファイル)を「eSIM」に書き込むことができ、すぐに通信が可能になります。

 

「eSIM」が利用できる格安SIMは「IIJmio」のみ

日本で「eSIM」を利用できる会社は格安SIM「IIJmio(アイアイジェイミオ)」のみです。

キャリアでは「eSIM」は提供していない

キャリアの「docomo」「au」「ソフトバンク」は国内向けの「eSIM」は提供していません。

「au」は海外でのデータ利用向けにeSIMプランを提供していますが、実質国内のスマホ向けにeSIMサービスを提供しているのは「IIJmio」のみとなります。

「eSIM」は物理的なSIMカードではないので、手軽に会社を変更可能です。そのため大手キャリアは客離れを嫌って、eSIMの対応に慎重になっているという話もあります。

 

キャリアになった楽天モバイルは端末「Rakuten Mini」のみ動作保証

携帯キャリア(MNO)になった楽天モバイルでも「eSIM」が利用できます。

ただし「eSIM」が利用できるのは楽天モバイルから販売されている端末「Rakuten Mini」のみ、動作保証がされています。

楽天モバイルでは「Rakuten Mini」以外に、「eSIM」の動作保証がされた端末の公式発表はありません。

 

IIJmioのeSIMプラン「データプラン ゼロ」月額料金

2020年3月19日より「IIJmio」から、eSIMの新プラン「データプラン ゼロ」がスタートしています。

現時点(2020/06/03)では格安SIMでeSIMが使えるのは「IIJmio」のみです。

IIJmioで「データプラン ゼロ」を利用する時の月額料金(税抜)は以下の通りです。

初期費用 3,200円※1
回線 docomo
月額料金 150円
追加データ量1GB 300円
追加データ量2GB〜10GB 450円(1GB追加ごとに)

(※1)SIMカード発行手数料200円も含まれます。

月額料金は150円です。この料金にデータ容量は含まれていません。1GB単位で、データ量を追加するバンドルクーポンを購入します。

1GBを利用する場合は、月額料金と合わせて450円になります。

 

IIJmioの「eSIM」で何ができるのか?メリットは?

IIJmioの「eSIM」で何ができるのか?メリットは?

IIJmioの「eSIM」を利用する最大のメリットはSIMカードを差し替えたりする必要がないことです。

「IIJmio」と契約してアクティベーションコード(QRコード形式)を読み込めば利用ができるところです。

Surfaceで設定する際はアクティベーションコードのコピペで可能です。

 

ただし「IIJmio」が提供している「eSIM」はデータ通信プランのみです。

現時点では音声通話に対応していません。

 

そのためIIJmioの「eSIM」を利用するなら以下の方にオススメです。

WiFiソムリエがオススメするポイント
  • 音声通話なしで、データ通信のみで良い方
  • スマホの主回線はキャリア、副回線を「eSIM」にして月額料金を安くする
  • 2回線契約することで、障害が起きた時の保険
  • eSIM対応のタブレット、パソコンのネット利用

 

eSIM対応スマホのデータ通信のみ利用する

IIJmioが提供している「eSIM」のデータ通信プランのみです。

音声通話なしで、データ通信のみで良い方は、「eSIM」対応スマホを持っていれば、すぐに通信可能です。

 

音声はキャリア、データ通信は「IIJ」のデュアル利用

「eSIM」対応スマホで、すでにキャリア(docomo、au、ソフトバンク)を利用している方で、キャリアのスマホ料金が高いを感じている方、デュアル利用がオススメです。

主回線はキャリアなので、音声通話はそのまま可能です。

 

家族割、キャリアメールはそのまま

キャリアの家族割りを利用してる、「@docomo.ne.jp」などのキャリアのメールアドレスが手放せないので、格安SIMに変えられない場合もあります。

月額料金が安い「格安SIM」に変えられなくても、主回線はキャリアのまま、副回線を「eSIM」にすることができます。

 

「eSIM」利用で月額料金を安くする

主回線はキャリア、副回線を「eSIM」にして月額料金を安くできます。

例えばキャリアのdocomoのスマホの最安プランはギガライトです。データ通信量によって以下の月額料金になります。

  • ギガライト(1GBまで)2,980円
  • ギガライト(7GBまで)5,980円

 

例えば主回線を「docomo」にしてギガライト(1GBまで)2,980円の最安値、副回線の「eSIM」を利用して、データ通信のみお得にできます。

IIJの「eSIM」なら1GB単位450円で追加ができます。

 

2回線契約「デュアルSIM」で、障害が起きた時の保険

2つの携帯回線を1台のスマホで利用することを「デュアルSIM」と言います。

主回線と副回線を違う会社にしておけば、どちらかの回線に通信障害があったとしても、通話やネット回線を利用できます。

IIJmioの「eSIM」で選べる回線は「docomo」回線のみです。通信障害の保険にするなら、主回線は「docomo」と違うキャリアにする必要があります。

 

タブレット・パソコンなら、すぐにネットが利用可能

「eSIM」対応のタブレット、パソコンであれば「IIJmio」と契約することで、すぐにインターネットを利用することができます。

WiFiソムリエがオススメするポイント

IIJmioの「eSIM」はデータ通信しかできません。「eSIM」対応のタブレットやパソコンをネットに繋ぐために利用するメリットが、一番大きいです。

 

eSIMの申込みは↓
IIJmioみおふぉん(eSIM)

 

IIJで「eSIM」が利用できる機種

2018年以降に発売されたiPhone以降はeSIMに対応しています。

以下、「IIJmio」が公式HPで利用できる端末例として掲載している機種です。(2020/04/23時点の情報)

「eSIM」対応のスマホ

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL

「eSIM」対応のタブレット・ノートPC

  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • Surface Pro LTE Advanced
  • Surface Pro X
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

 

【まとめ】

「eSIM」の利用を検討されている方は「IIJmio」がオススメ

「eSIM」は物理的にSIMカードを差し替える必要がないので、変更が簡単で利用しやすいです。

国内向けに「eSIM」プランを提供しているのは格安SIMは「IIJmio」だけです

 

当サイト、WiFiソムリエがオススメするの以下の方になります。

WiFiソムリエがオススメするポイント
  • 音声通話なしで、データ通信のみで良い方
  • スマホの主回線はキャリア、副回線を「eSIM」にして月額料金を安くする
  • 2回線契約することで、障害が起きた時の保険
  • eSIM対応のタブレット、パソコンのネット利用

 

「eSIM」の利用を検討されている方は、以下の「IIJmio」のサイトをチェックしてください。

eSIMの申込みは↓
IIJmioみおふぉん(eSIM)

 

ABOUT ME
大森拓哉
大森拓哉
2005年頃からライターとしてキャリアをスタート、雑誌から本、Webサイトの記事を書いています。ポケットWiFiは種類が多く、複雑な料金体系が多いのにウンザリして当サイト「WiFiソムリエ」を立ち上げました。
2020年8月【格安SIM】キャンペーン情報

格安SIM会社は時期によって特典・キャンペーン内容が変わります。

2020年8月に特典・割引キャンペーンが高いオススメの格安SIM会社のランキングをまとめました。

格安SIMへの新規・乗り換えを考えていて、割引情報で損をしたくない方は以下をチェックしてください。

お得な格安SIMランキングはこちら↓